ハードディスク(HDD)とは

ハードディスク(HDD)とは、パソコンのデータの、長期的な保管場所です。「ハード ディスク ドライブ」を省略してHDDと呼ばれることもあります。メモリが「机」「作業台」ならば、ハードディスクは「本棚」や「倉庫」にあたります。
ハードディスクに保管されたデータはパソコンの電源を落としたあとも残り続け、画像、動画、文書など、全てのデータはハードディスクに保存されます。

ハードディスク(HDD)の特徴

ハードディスクは、パソコンの中で最も故障しやすい機器です。図の通り、ハードディスクは「プラッタ」と呼ばれる金属製の円盤に、「磁気ヘッド」を近づけることでデータの書き込みがなされます。
動作中はプラッタや磁気ヘッドが高速で駆動するため、わずかな衝撃によって故障してしまうことがあります。
ハードディスクが故障すると、写真や住所録といったデータ、プリンタ等機器の設定が、すべて消えてなくなります。データ・設定の復旧には莫大な時間とコストを要するため、何らかの対策が必要となります。
データバックアップの方法

ハードディスク(HDD)の種類

ハードディスクには、内臓ハードディスクと外付けハードディスクの、大きく分けて二種類があります。
パソコン本体には、ハードディスクが最初から搭載されています。これが、内臓ハードディスクです。 SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」は、1TB(テラバイト)の容量を持った、RAID1ミラーリングのディスクを採用しています。
外付けハードディスクとは、USB端子等でパソコン本体へ接続して用いる、データの外部記憶装置です。
パソコンのデータ保存容量が不足したときなど、手軽に増設が可能なものです。
ただし、内臓ハードディスクと比較すると転送速度は遅くなり、同一保存容量あたりの価格は内臓ハードディスクよりも高価になります。